パチスロ初心者への指南書!

データをどう活用するか?

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくデータを集めたとしても、
 活用できなければ意味がありません。

 

 

 データの種類はいろいろあるの、
 でどれかは活用できるはずです。

 

 

 高設定の入れる日などは、簡単に分かるものではないですが、
 いつもあの台が出ているとかありますよ。

 

 

 疑問に思ったらデータを取って、
 自分で検証していくしかないんですよ。

 

 

 昔ながらのホールなら、ホールの入り口が出るとか、
 トイレの近く、自動販売機の側などが、看板台になっていたりしました。

 

 

 人の目につくところに看板台を作って出せば、
 全体的に出ているような錯覚に陥るからです。

 

 

 だからといって毎回同じ台がでるはずもなく、
 撃沈なんてこともあります。

 

 

 そこでデータが必要になってくるんです。

 

 

 ボーナス回数だけでも、傾向が分かってきますが、
 そこに、「どんな客か?」、「稼働時間は?」 など、
 いろいろなデータをプラスしていくのです。

 

 

 ある程度データが溜まったら、それを元に答えを探し、
 答え合わせしなくてはなりません。

 

 

 その答え合わせは、自分で打ってもいいし、
 他人に任せて自分は今日勝てる機種を打っていてもいい。

 

 

 その答えが合っていたなら、次はあなたが爆発させる番です。

 

 

 閉店まで粘ってください。
 もし間違いなら、また分析し直して、納得いくまで打たないことです。